料理を作るうえで大切にしている
4つのてまひま

 当店の料理は、食材・季節感・温度・手作りを大切にしています。蕎麦屋ですが、一品料理やお酒の肴、ごはんもの、どの皿にもこだわりをもっています。例えば、最初にお出しする蕎麦茶は熊本から直送されるものを使用し、お醤油は料理によって、6種類を使い分けています。季節限定で自家栽培の辛味大根を使ったり、鴨肉も調理法によって、バルバリー種とマグレ種を使用し、もも肉は当店で骨を抜いています。のりは有明産の良質なもの、豚肉は国産肩ロースの特に柔らかい首に近い部分…と食材のことを細かくいえば、きりがありません。

そして食材も旬を迎えるものの美味しさはひとしおです。それが季節感を大切にする理由です。通常メニューのほか、季節の野菜を中心としたメニューもご用意しております。是非お試しください。

 次に温度ですが、 冷たいものは冷たく、温かいものはアツアツで。そのためにも漆器以外の器は料理に合わせて温めたり冷やしたりしています。少々お待たせしてしまう時もありますが、こういったところも手を抜かずにやっていきたいと思っています。

最後に、料理は手作りで作り置きはしない。これが基本です。ですので品切れになるメニューもございますが、その日作ったものはその日のうちにと思っていますので、ご了承ください。特に人気のメニューは玉子焼きです。抗生物質など入っていない エサで育った鶏が生んだ卵を使用しています。開店以来、欠かさずに継ぎ足し続けてきたおいしい出汁を混ぜ、巻けるか巻けないかのギリギリの状態で巻いています。トロトロ半熟の自慢の一品です。